EMS機器にダイエット効果がでない5つの理由と効果的な使い方

この記事は約6分で読めます。

EMS機器にダイエット効果がでない5つの理由と効果的な使い方

[あいさつ(冒頭)]

楽して痩せるという話になるとでてくるのが、EMSという電気刺激で筋トレ効果があるという機器です。

お腹や足等の痩せたい部分にシートやパッド等をつけて、スイッチを押せば、テレビを見ながら楽してダイエット効果があるという話はよくきくと思います。

しかしながら、「楽して痩せる」という甘い言葉は本当なんでしょうか?

ということで、今日は「EMS機器にダイエット効果がでない5つの理由と効果的な使い方」ということで話をしていきたいと思います。

EMSとは何か?

EMSとは何か?

まずは、EMSとは何かという話をしたいと思います。

EMSとはElectric Muscle Stimulationの略で、筋肉や運動神経に電気刺激を与えて筋肉を収縮させる方法や機器のことをいいます。

日本電子治療器学会のサイトにEMSに関する簡単な紹介があったので引用します。

EMS(神経筋電気刺激療法)
EMSは筋肉や運動神経に電気刺激を与えて筋肉を収縮させます。
医療分野では、脳血管障害などで自分の意志で運動ができなくなってしまった人のリハビリとして使用されています。
スポーツの分野では、オリンピック代表選手が用いて、高い効果が得られたことから注目され、以降筋肉トレーニングのための運動器として利用されています。

体を動かしたいと思った時、脳から電気信号が流れて、その刺激によって筋肉が収縮に伴い、手足等が動きます。

この電気信号を外部から入れてやっても筋肉を動かすことができるというのがEMSの原理ですね。

筋肉を動かせば、エネルギーも消費するし、筋肉自体も鍛えられるので、ダイエット効果もあるというのがEMSで痩せるという理屈のようです。

では、実際にダイエット効果はあるのでしょうか?

次の項目でお話したいと思います。

EMSにダイエット効果はないと消費者庁が認めた?

EMSにダイエット効果はないと消費者庁が認めた?

EMSにダイエット効果があるのかどうかについて話をしたいと思います。

EMSについて調べていると、「EMS機器の販売事業者4社に対する景品表示法に基づく措置命令について」という消費者庁のページがでてきます。

内容をざっくり説明すると、EMS機器を販売している業者が広告に、「この商品を使って体重マイナス○kg」等の表示をしていたことが、実際のものよりも著しく優良であると示すものであり、景品表示
法に違反するものとなったという話です。

各事業者は表示の根拠となる資料の提出をしたそうですが、消費者庁に認めてもらえるだけの内容ではなかったそうです。

しかしながら、これは販売しているEMS機器の効果以上のことを広告に書いたことがダメという話であり、EMSにダイエット効果がないという話ではありません。

私自身、安物ですがEMSを使ったことがあり、実際に筋肉に刺激があるのを確認したので、多少のダイエット効果は期待できると考えています。

では、なぜEMSにはダイエット効果がないという話がよくでるのでしょうか?

次の項目でお話したいと思います。

EMSでダイエットに効果がでない5つの理由

EMSでダイエットに効果がでない5つの理由

EMSを使ったけど、全然ダイエットできなかったという話にはそれなりの理由があると思いますので、私が考える理由を5つ紹介したいと思います。

EMSに期待しすぎている

1つ目の理由は「EMSに期待しすぎている」です。

EMSのCMを見ていると、筋肉ムキムキの外国人の方がEMSを使用しているシーンがでてきます。

ですが、EMSだけであんな筋肉ムキムキの姿になるのは不可能だと考えます。

目標が高すぎるので、ちょっと痩せたとしても期待してたほどの効果がなければ、ダイエット失敗と考えてしまい、ダイエットできなかったという話になってしまったのかもしれません。

EMSの刺激に慣れてしまっている

2つ目の理由は「EMSの刺激に慣れてしまっている」です。

筋トレを始めた時に、最初はきついと思っていてもだんだん慣れてきて、軽くこなせるようになってきます。

こうなると、筋トレのレベルを上げないと、そのままでは目標にたどりつけないかもしれません。

EMSの筋肉への刺激も、最初はよくても、いずれは慣れていってしまうと思います。

ですが、EMSの場合、設定できるレベルに限界があったり、皮膚への刺激が強すぎてレベルが上げられないということが考えられます。

そうなってくると、EMSだけでは、十分に筋肉を鍛えられないという結果になってしまいます。

筋肉を鍛えただけではダイエットにならない

3つ目の理由は「筋肉を鍛えただけではダイエットにならない」です。

EMSだけでは、十分に筋肉を鍛えられないかもしれないという話をしましたが、そもそも筋肉を十分鍛えられたしても、それだけではダイエットにならない可能性があります。

筋肉が多ければ、基礎代謝も上がり、カロリー消費も多くなるので、痩せやすくはなります。

ですが、それ以上にカロリーを摂っていれば、脂肪を蓄えることになるかもしれません。

筋肉をつけるのはダイエットには効果的ですが、摂取カロリーにも気をつけないと意味がありません。

効果のないEMSを使用している

4つ目の理由は「効果のないEMSを使用している」です。

EMSも高いものから安いものまでいろいろありますが、そもそも効果のないEMSを使っているせいでダイエットできないという可能性もあると思います。

高いからいいというわけではないと思いますが、製品の仕様や口コミを調べてから購入することをおすすめします。

こちらのブログでも、おすすめのEMSやダメなEMSの紹介をしていきますので、購入の際の参考にしていただければと思います。

油断してしまう

5つ目の理由は「油断してしまう」です。

EMSを使っているからそれだけでダイエットできていると油断して、今までの生活を一切変えなければ、効果はほとんどでないと思います。

EMSに対する過剰な期待は禁物です。

EMSの効果的な使い方

EMSの効果的な使い方

EMSの効果的な使い方について話をします。

まず、「何もせずに寝ころんでいるだけで痩せる」というような考えではなく、「寝転んでいる時でも、多少運動効果はある」ぐらいに考えた方がいいです

シックスパッドのサイトによると、EMSを使いながら運動をすると、エネルギー消費が多くなったという研究結果があったそうですので、EMSだけでダイエットを考えるのではなく、ダイエットプランの一部にEMSをうまく取り入れるというのが重要だと思います。

ダイエットの基本はあくまで食事と運動であり、EMSはその運動をサポートするものとして考えるのがいいと思います。

まとめ

今日は、「EMS機器にダイエット効果がでない5つの理由と効果的な使い方」ということで話をしましたがいかがだったでしょうか。

EMSはあくまでダイエットの補助的な役割と考えないと、EMSだけで痩せようと思うと無理があります。

おすすめのEMSやダメなEMSの紹介も随時行っていきますので、引き続きご購読のほどよろしくおねがいします。

スリム坊主のダイエットおすすめ商品一覧

無料相談受け付け中です

ただいま、無料相談受け付け中です

無料相談受付中
ご訪問ありがとうございます。 お気軽ダイエットアドバイザーのスリム坊主です。 ただいま、無料相談受付中です。 お気軽に下記よりご相談いただけたらと思います <無料相談受付中> ダイエットといえば、しんど...
→スリム坊主に無料で相談してみる

実際にいろいろなダイエットを試してきたスリム坊主のおすすめ商品を知りたい方もこちらからご相談ください。

ダイエットのお悩み全般もお気軽にどうぞ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます

お気軽ダイエットアドバイザーのスリム坊主でした

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました