スマホアプリnoomでダイエットはできるのか2週間試してみた

この記事は約12分で読めます。

noom公式サイト[あいさつ(冒頭)]

今回は、「臨床心理に基づき、習慣を形作る要因となる考えや環境を把握し、良い習慣に作り変えることで、あなたの一生の健康づくりを応援します」というキャッチコピーのNoom (ヌーム) というアプリを2週間使用してみましたので、実際に使ってみたレビューをします。

noomアプリ

こちらのアプリをインストールしてすぐのレビューは以前記事にしました。

noomの基本的な仕様や料金については、こちらの記事をご覧ください。

今回は、100円でお試しできる2週間の間、実際にnoomを使った上でダイエットに使えるのかどうかについて、お話していきます。

販売業者Noom Japan 株式会社
所在地東京都 渋谷区 渋谷二丁目 24番 12号
渋谷スクランブルスクエア39階
電話番号03-5326-3375
メールinfo@noomapp.jp

noomダイエットの基本的な1日の流れを紹介

noomの基本的な1日の流れ

まずはnoomダイエットの基本的な1日の流れについてお話していきます。

noomの画面は上の画像のようになっており、1日毎にテキストの内容は変わっていきます。

私が基本的にやったのは下記の5つです。

  1. 心理学に基づくテキストを読む
  2. 体重入力
  3. 食事内容入力
  4. 運動内容入力
  5. コーチとやりとりをする

他にも血圧や血糖値等の入力もあったのですが、測定する装置を持っていませんでしたので、今回は実施しませんでした。

1日分のテキストは10~15分程度で読めるので、朝や昼に休憩がてら読むようにしました。

朝体重を測るようにしているので、テキストを読んだついでに体重も入力。

食事は間食は無視して朝昼晩の3食だけ入力。

運動内容については、休みの日にランニングと自転車に乗った分だけを記入。

コーチとのやりとりは後で書きますが、午前と午後の2回やりとりという感じでした。

noomにかけた時間は1日15~30分あるかないかといった感じでしょうか。

次以降の項目から各ステップについて、もう少し詳しく話をしていきます。

心理学に基づいたnoomのダイエットに関するテキストは勉強になる

心理学に基づいたnoomのテキストについて

noomのダイエットに関するテキストは心理学に基づいて作成されているので、勉強になる部分が多いと思います。

「ダイエットできない自分はだめだ!」とか「根性で痩せる!」とか思っている人には、心理的なアプローチでどうすればいいのか書いているので、前向きにダイエットに取り組める気持ちになれます。

また、1回読んだだけじゃなかなか覚えられないものですので、クイズ形式でおさらいをすることで記憶に定着しやすくしてくれています

このクイズも当日のテキストからだけでなく、前日よりも前のものもでてくるので、忘れかけてた内容を思い出させてくれる効果があります。

ただし、アメリカ発のアプリのせいか、欧米系なノリが多いのは個人的には苦手でした。

noomダイエットの食事ログ機能はカロリー計算に疑問が残る

noomの食事のログ機能はカロリー計算に疑問が残る

noomのダイエットのための食事ログ機能については、入力自体はやりやすいと思いました。

かなり多くの食品について、事前に商品名とカロリーが設定されているので、入力はかなり楽でした。

うどんと検索しただけでも上の画像のように「丸亀製麺」や「はなまるうどん」等の固有名詞もでてきますので、選択するだけで終わりということが多かったです。

ただし、カロリー計算については疑問が残ります。

食べてはいけない食品はない

noomの良いところとして、特に食べてはいけない食品というものがないというところです。

食べたいものを我慢するとストレスになってしまうので、これはありがたいです。

ただ、当然ながら体に悪いものはあんまり食べない方がいいので、各食品について色分けというものを行い、積極的に食べていいもの、あまり食べない方がいいものというのを提示してくれます。

noomは食事の内容を緑、黄、赤の3種類に分ける

食事の内容によって、緑、黄、赤の3種類に分けて、緑は積極的に食べていいもの、黄や赤はあまり食べない方がいいので、ある程度制限を設けて食べるのが推奨されています。

食品の栄養バランスの管理はそれほど細かくない

糖質やタンパク質等の個別の栄養素については特に管理しません

上で書いたように食品の色分けというのを行いますが、細かな糖質やタンパク質等の個別の栄養素のバランスについてはあまり細かく管理していません。

トータルのカロリーと食品の色分けのバランスを見ることで栄養バランスを見る形になっているようです。

あんまり細かく管理されてもめんどくさくなる可能性があるので、長く続けるのならこのぐらいのざっくりした管理でいいのかもしれません。

1日に摂っていいカロリー計算はおかしい

1日に摂っていいカロリー計算はおかしい

性別、身長、体重、年齢、1週間に減らしたい体重を事前に入力しておくことで、1日に摂っていいカロリーが計算されます。

ここで算出されるのは、基礎代謝から、1日に減らすべきカロリー分(1週間に減らしたい体重から算出)をひいた値のようです。

私の場合は、1480kcalとでました。

基礎代謝というのは生命維持のために必要な最低限のカロリーですので、1日中椅子に座って一切動かなかったとかいう時に消費するカロリーです。

ですので、運動だけでなく、通勤、通学や家事といった運動というほどでもない消費カロリーもまったく反映されていない状態です。

私の場合、1日の消費カロリーは最低でも2000kcalはあるはずです。

このまま使ってしまうと、基礎代謝よりも少ないカロリーしか摂取できなくなってしまいます。

このカロリーをそのまま受け入れてしまうと、生命維持もままならないことになるので、間違いなく体が省エネモードになってしまい、基礎代謝が下がることになると思います。

なので、正確な摂取カロリーの許容量を把握しようと思うと、通勤や通学で歩く時間等全部ひっくるめて最低でも基礎代謝の半分くらいは足さないといけないです。

このあたりnoomには特別な配慮がないようで、無理やり運動記録で消費カロリーを追加するぐらいしかないようです。

ただし、なぜか運動で記録したカロリーのうち、半分しか許容カロリーには追加されないという仕様です。

noomなぜか運動で記録したカロリーのうち、半分しか許容カロリーには追加されないという仕様です。

痩せるためとはいえ、運動で消費したカロリーの半分しか許容カロリーに追加しないというのは、ちょっと納得できないところがあります。

この辺は普段運動以外でどのぐらい動くかによって、基礎代謝の1.5~2倍くらいを消費カロリーの上限とし、運動したらさらにその消費カロリーをそのまま消費カロリーに追加するという形にしてほしかったです。

1日の消費カロリーをアプリ上で見える形にして、消費カロリーの90%程度を許容カロリーという風に見せてくれた方が、分かりやすいし、手間もかからないと思いました。

noomだけではダイエットのための具体的な運動内容の情報が足りない

noomだけでは具体的な運動内容の情報が足りない

noomのダイエットに関する運動内容がほとんどないといっていい状況でした。

具体的なエクササイズ内容については、2週間の間に1度だけで、それも上の画像のような簡単なものだけだったので、正直あんまり役にたたないです。

筋トレなんかは正しいフォームでやらないと効果がでなかったり、痛みにつながったりするので、説明つきの動画を見ながらやるのがいいと思っています。

そういう点では、noomだけでは足りないのではないかと思います。

具体的なメニューはコーチに相談すれば相談にのってくれると思いますが、2週間ではそこまでいきませんでした。

コーチに相談する時は、youtubeでも何でもいいので、動画でトレーニング内容が分かるものを教えてもらうようにするのがいいと思います。

2週間ではコーチからダイエットに関する情報があまり得られなかった

noomのコーチから2週間ではほとんど何も情報が得られなかった

noomではゴールスペシャリストという名前で1人について1人コーチがついてくれます。

1人のコーチが何人の方を見ているのかは不明です。

正直なところ、2週間ではダイエットに関してコーチから得られるものは何もなかったと言っていいと思います。

コーチとのやりとりの頻度

コーチとのやりとりは1日2回(午前1回、午後1回)というのが基本でした。

また、土日は休みということがコーチのプロフィールに記載がありました。

なお、祝日に関してはやりとりがありました。

これがコーチ毎に違うのかどうかは不明です。

コーチとのやりとり内容

コーチとのやりとり内容は、基本コーチが質問したことに対して、こちらが回答していくという流れでした。

質問としては、どういった運動をどの程度しているのか、どういった食事をしているのかという2つがメインでした。

運動に関してはランニングと自転車にのっていることを伝えて、筋トレのことは特にいいませんでした。

食事については、朝は甘いパン、昼は弁当、夜はご飯とおかずというパターンが多いということを書きました。

運動面については、筋トレもしましょうという話があるのかと思ったのですが、特にそういう話はなかったです。

食事面についても、甘いパンばかり食べていることにつっこみがあるかと思ったのですが、野菜をもう少し摂りましょうといったアドバイスぐらいでした。

よく言えばこちらの自主性にまかせてくれているのですが、もう少しアドバイスがほしかったです。

ランニングや自転車をやってるから運動は大丈夫というところで終わらせないで、どういったペースでやると脂肪が燃えやすいとか、時間がない時は筋トレをやって基礎代謝を上げるのがいいとかいう話があれば、自分の運動を見直すきっかけになるのにと思いました。

最初の段階はこちらの状況を聞き出して、目標を設定するという話でしたので、2週間では何も得られるものがないのもあたりまえかもしれません。

どうやら3週目には今までの振り返りをしますという話だったので、続けていればそこで多少アドバイスがあったのかもしれません。

noomの2週間お試しではすべての機能が使えない

noomの2週間お試しではすべての機能が使えない

今まで実際にnoomでやってきた機能を説明しましたが、2週間のお試し期間では使えない機能もありました。

グループ機能です。

noomを実践している方とグループを作り、そこにコーチがつくという機能もあるようです。

グループやコーチは自分が選ぶのではなく、年齢や目的が近い人が自動的に集められるのだと思います。

自分ひとりだけじゃなくて、同じ目標を持った方とはげましあいながら、ダイエットするのはモチベーション維持に大事だと思うので、良い機能だと思います。

ただし、初日に分かったのですが、このグループは2週間後に設定されるということで、今回は試せませんでした。

せっかくグループを組んでも、お試し期間で辞める方がいると、グループの組み直しとかが発生するので、これはしょうがないと思います。

グループ機能に関する口コミ

グループ機能に関しては実際に試せなかったので、googleplayからグループに関する口コミを一部紹介します。

週に1回程度、グループでのメッセージ書き込みミッションがありますが、一緒に頑張っている人がいる事で励みになりました。ただ、私のグループは書く人が決まってしまっているのが少々残念です。

私の入っているグループの方々は、やり取りは少なめで、反応がなさすぎるときはちょっと寂しいこともありますが、ずっとやり取りするよりもいいのかもしれないなと思います。

グループに空気の読めない方がいて、Twitterかのごとく投稿しまくっているのに辟易。他の人の投稿も流れる…コメントするとその投稿が上にあがるなどの仕様だとまだマシかも。そもそも、その困った人をブロックとか非表示に出来たら良いのに。アプリ自体、開くのが嫌な気持ちになりつつあります…

noomやダイエットに限らず、どんなグループでもそうだと思いますが、あんまり発言しない方がいるとか、逆に発言する人がいるとか、グループ内に合わない人がいるかもしれないというのは頭に置いとくほうがいいですね

自分で決めて入ったグループが合わなかったのなら、諦めがつきますが、勝手に決められてしまうというのも不満点ですかね。

noomを解約すると無料版として今までのログが残る

noomを解約すると無料版として今までのログが残る

noomですが、2週間のお試し期間が終わってしまうと約2万円(4ヶ月分)が課金されてしまうので、解約しました

webから契約したので、解約フォームに内容を記入し、noom側で解約処理をしていただきました。

時間がかかるかと思いましたが、解約依頼した当日に処理は完了しました

その後は無料版として、今までのテキストやコーチとのやりとりが見られます。

上の画像のようにアプリの右上の方に「有料版へ」という表示がでているのが無料版になったという証です。

無料版で引き続き使っていけるのは、食事や体重のログ機能ぐらいなので、ログ機能だけが目的なら他のアプリでもいいかもしれません

まとめ

今回は、「スマホアプリnoomでダイエットはできるのか2週間試してみた」ということで話をしてきましたが、いかがだったでしょうか?

2週間noomを試すにあたり、テキストやコーチから何かしらの指示があればそれに従おうと思ったのですが、特別な指示はなかったといえます。

テキストは主に勉強の時間という感じで、コーチはこちらの状況をヒアリングする時間という感じでした。

あえて指示というのなら、体重測定、食事記録、運動記録という部分を促されます。

今までこのあたりをやってこなかった方であれば、自身の現状把握に役立ので、食べすぎていた人が食事を見直すきっかけになるかもしれません。

太ってたころの自分がこのアプリを2週間試したところで、「何かいいこと言ってるけど、具体的に何すればいいの?」という感じで終わっていたかなあと思います。

ある程度自分で積極的に動いていける方でしたら、お試しの2週間でも痩せる習慣を身につけられるかもしれませんが、そういう方はほっといてもダイエットできると思います。

noomの狙いが、4ヶ月という長期スパンでダイエットをし、さらにその後も体型を維持することなので、2週間のお試し期間でダイエットするというのは無理な話だと思います。

この2週間は、noomが自分にあうかどうかを見極める準備期間と割り切って、コーチにいろいろ質問したり、アプリの使い勝手を確かめて、継続課金するかどうかの判断材料にするのがいいと思います。

2020/12/29追記 86%オフクーポンが来たけど何かおかしい

86%オフクーポンが来たけど何かおかしい

noomからカムバッククーポンがメールできました。

12/31までに登録すれば86%OFFということなので、いくらになるのか見てみました。

月額6,000円なので840円になるのなら、かなりお得です。

金額だけ見たかったのですが、リンクをクリックしたらいろいろ質問されてなかなか金額を教えてくれません。

いよいよ、クーポンコードをいれて金額を確認と思ったら、なんかおかしい

割引額合計58%?

メールには年間のプランと書いていたのに、この画面には4ヶ月のプランと書いているし・・・。

年間72,000円なのが、9,950円になったのなら86%オフで計算は合いますが、詳細書かれていないので、よく分かりません。

ここから先は支払い方法の選択になってしまったので詳細分かりませんでした。

どちらにしても続ける気はなかったのですが、お金に関わる部分なので、もう少し分かりやすくしてほしいと思いました。

スリム坊主のダイエットおすすめ商品一覧

無料相談受け付け中です

ただいま、無料相談受け付け中です

無料相談受付中
ご訪問ありがとうございます。 お気軽ダイエットアドバイザーのスリム坊主です。 ただいま、無料相談受付中です。 お気軽に下記よりご相談いただけたらと思います <無料相談受付中> ダイエットといえば、しんど...
→スリム坊主に無料で相談してみる

実際にいろいろなダイエットを試してきたスリム坊主のおすすめ商品を知りたい方もこちらからご相談ください。

ダイエットのお悩み全般もお気軽にどうぞ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます

お気軽ダイエットアドバイザーのスリム坊主でした

コメント

タイトルとURLをコピーしました